性能評価試験データ

このページを印刷

耐曲げ性能評価試験

曲げ試験

● 試験目的

ケーブル施工時の曲げによる被覆への影響を確認する。

● 試験目的

試験装置

ケーブルを直径の32倍以下で曲げ、ピンホールテスターを使用し被覆に損傷が無いかを確認する。


● 試験条件

曲げ内径 → φ480(φ15.2×32=φ486.4)
ピンホール走査電圧 → 3000V

● 試験結果

曲げ部をピンホールテスターにて確認したが、ワレの発生無し

試験結果

ヒエンの被覆PC鋼材へのお問合せ
ページの先頭へ
  • プライバシーポリシー
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトご利用にあたって