性能評価試験データ

このページを印刷

耐薬品性能評価試験

アルカリ浸漬試験

● 試験目的

スープロストランドは、コンクリート中においてアルカリの影響を受けることが考えられるため、アルカリ浸漬試験を行い、アルカリ液への耐性を確認した。

● 試験方法

アルカリによる被覆樹脂への影響を浸漬試験にて確認する
試験は下記溶液へそれぞれの供試体(φ12.7 SUPRO/BW)を1000時間継続浸漬して行った。
・水酸化ナトリウム 3mol濃度水溶液
・塩化カルシウム 3mol濃度水溶液
・飽和水酸化カルシウム水溶液

● 試験条件および試験結果

1000時間の浸漬試験を実施
・被覆表面を観察したが、劣化は認められなかった。
・被覆材の腐食減量は無し(樹脂そのものの劣化は無かった)

水酸化ナトリウム

塩化カルシウム

水酸化カルシウム

ヒエンの被覆PC鋼材へのお問合せ
ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトご利用規定