生産本部 長田野工場 製造グループ

閉じる
このページを印刷
生産本部 長田野工場 製造グループ 高機能製品製造チーム チームリーダー 池本 和彦

生産本部 長田野工場 製造グループ
高機能製品製造チーム チームリーダー 塩見 年朗

「知識・技術・経験は宝物。その宝物を若い人に継承していきたい」

高機能製品製造チームは、ロープ被覆とスープロストランド、エアホースに用いるウレタンホース、スーパーハンガーの製造と機能性フィルムの製造を担当しています。チームのメンバーには様々な年代の方がいますが、和やかで何でも話し合えるような関係ですね。
フィルムとワイヤー・ホースとが一つにまとまり、多能工化推進を図っています。
また、開発設計グループと密な関係を持っているので、お客様や現場から技術について疑問や問題が出た場合に、すぐ相談できるから解決も速いですね。

これらの利点を有効に活用して、ヒエンならではの製品・技術を打ち出していきたいですね。

メンバーとのコミュニケーションは、私が出来るだけ毎日現場を回って取るようにしています。作業の進捗状況を確認するだけでなく、作業者の様子を見て、何か悩んでいそうだったら相談に乗ったりね。年齢や役職が違っても、ひとつのチームの仲間ですから、同一目線で話をすることは心掛けています。そうすることで、またチームの絆も深まると思いますしね。

私自身は、押出の技術を長年学んできて、諸先輩方に育ててもらいました。そこで学んだ、技術・知識・経験は宝物だと思っています。今後は、若い人にその宝物を継承して行かなければなりません。また、開発の仕事に携わっていたときには、実際にお客様と対面してお話を伺ってきましたので、現場にも「お客様はこういうものを求めているんだ」とお客様の声を届けていきたいですね。

今後はムダ・ムリをなくし、コストを下げつつも品質の良いものづくりを、より推進していきたいと思っています。品質に関しては、こうしなさい、これをしてはダメだ!と注意や叱ることだけではなく、何故これが必要なのかを指導・指示して行く事が大切と思います。品質の悪いものが出来てしまうとどんなマイナスがあるのかを伝えて、理解したうえで作業に取り組んでもらっています。
安全に関しては、怪我をしてしまっては自分だけでなく、チームや製造グループに迷惑を掛けしてしまう事になりますので、日々の安全作業に心掛けする様に指導・監視しています。