生産本部 長田野工場 製造グループ

閉じる
このページを印刷
生産本部 長田野工場 製造グループ 生産管理チーム チームリーダー 真下 尚久

生産本部 長田野工場 製造グループ
生産管理チーム チームリーダー 真下 尚久

「お客様の望みには最大限応えたい、そんな思いで業務に取り組んでいます」

営業からの受注連絡を整理して、工場(現場)に連絡するというのが、生産管理の業務です。
モノづくりだけではなく、出荷(デリバリー)のスケジュール調整も行っています。モノができても、出荷が出来ない、ではダメですからね。
例えば電線の場合だと、受注の連絡が来たら、まず在庫から出荷できるか、製造するかというのを、振り分けます。製造する場合は、指示書が回ってくるので、製造(現場)の状況や機械の空き具合なんかを確認しながら、工程をつくります。その工程に基づいて、それならいつまでに、この工程を終えていないといけないなという細かいスケジュールをたてて、製造(現場)に連絡をします。出荷の関係だと、何メートルにカットしてほしい、こういう表示にしてほしいというお客様からのご要望がありますので、出荷場にも連絡を取る。
営業と現場の橋渡しの役割です。

お客様あってのヒエン電工ですから、お客様の望みには最大限応えたい、そんな思いで業務に取り組んでいます。納期が厳しい場合も、何とかお客様のご要望にこたえられるように工程を工夫して組んでいます。

生産管理チームというのは、電線・産業機材・フィルムの分野のプロが集まった集団です。メンバーは皆、責任感の強い人ばかりですから、仕事に関しては基本的にメンバーそれぞれに任せています。あまり細かいことを言っても、モチベーションが下がってしまいますしね。細かい所は見ないで、何をしているか、何か困っていないかというところだけはきちんと見るようにしています。チームのメンバーが、仕事がしやすいようにするのが私の仕事だと思っています。

仕事をするにあたって心がけていることは、いつも穏やかに、慌てないということですね。私が慌ててオロオロしてしまうと、メンバーも不安になってしまいますしね。あとは、同じチームみんながお互いに快く手助けしあえる雰囲気を大切にしたいと思っています。私自身も、困っているメンバーがいるときは出来るだけ手助けをしています。