生産本部 長田野工場 生産業務グループ

閉じる
このページを印刷

生産本部 長田野工場 生産業務グループ
グループ長 真下 尚之

「お客様の望みには最大限に応えたい、そんな思いで業務に取り組んでいます」

営業からの受注連絡を整理して、工場(現場)に伝える。また必要な材料をする良い物を易く安全に手配するのが生産業務グループの業務です。モノづくりだけでなく、出荷(デリバリー)のスケジュール調整も行っています。ものが出来ても、出荷が出来ない、ではダメですからね。

たとえば電線の場合だと、受注の連絡が来たら、まず在庫から出荷できるか、製造するかというのを振り分けます。製造する場合は、指示書が回ってくるので、製造(現場)の状況や機械の空き具合を確認しながら、工程をつくります。その工程に基づいていつまでにその工程を終えていないといけないなという細かいスケジュールをたてて、製造(現場)に連絡をします。出荷の関係だと、何メートルにカットして欲しいというお客様からのご要望がありますので、出荷場にも連絡を取る。営業と現場の橋渡しの役割を担っています。

また、生産業務グループの主な業務としてもう一つ、原材料から商品関係の購買に関する業務も担当しています。購入する原材料から商品までトータルで1,000種類、1ヶ月間で動くものが700~800種類。1日平均70件ほどの発注件数になります。また、輸入している商品の納期管理、毎月時の資産管理も行っています。購入時に気をつけることは、当然ですが、いい物を安く安全に、ということです。

素材の購入に関しては、国内から韓国・中国などの海外品の購入も含め国内外問わず、鋼材・樹脂・ゴムなどの素材で、安くて品質もいいと思われるものがあれば、ためらわずにサンプルをもらうようにしています。ただ、海外との取引は納期や購入ロットをこちらの要求通りで調整することが大変で輸入リスクも伴います。購買業務でのポイントはどう安くできるかを常に意識し、購入価格への還元も考えてトータル的に交渉する点だと考えています。

生産業務グループのメンバーは皆電線・産業機材・フィルムのプロであり、購買業務で長年経験を積んだベテラン社員です。責任感の強い人ばかりですから、仕事に関しては基本的にメンバーそれぞれに任せて、細かいところは見ないで何をしていてどんなことで困っているかを見るようにしています。私自身も困っているメンバーがいるときは出来るだけ手助けをしています。メンバーが仕事をしやすい環境をつくること、グループみんながお互いに快く手助けしあえる雰囲気を大切にしたいと思っています。