生産本部 長田野工場 品質保証グループ 検査チーム

閉じる
このページを印刷
生産本部 長田野工場 品質保証グループ 検査チーム チームリーダー  小嶋 正和

生産本部 長田野工場 品質保証グループ 検査チーム
チームリーダー 小嶋 正和

「検査チームはいわば「歯止め」のような存在。
常に公平な立場で判断することを心掛けています」

船舶用電線、ワイヤー被覆、機能性フィルム製品の構造及び特性試験と、電線材料試作品の材料特性試験が主な業務内容です。
検査チームは、不適合品を早期発見し、品質保証チームと協力して、原因を追究し対策をとることで、不適合品の出荷を未然に防ぐことが仕事ですので、いわば、「歯止め」のような存在です。ですから、先入観や社内だけの常識にとらわれず常に公平な(消費者の)立場で判断することを心がけています。例えば製品の外観目視検査で、悪い状態でも見慣れてしまえばそれが社内の常識となってしまいます。そうならないように、良し悪しを常に公平な立場で判定することを心がけています。

メンバーは電線製造、フィルム製造、開発、営業など様々な部門で活躍した人材の集まりですので、その経験を検査チームで活かせることが強みでしょうか。例えば不具合が発生した場合、今までの経験から、その原因が何であるのかを的確に発見することが出来ます。若手から50代のベテランまで、年代は様々ですが、言いたいことを言い合える環境ですね。
休憩時間には、福知山の地域情報や、家電製品なんかの話をして賑やかに過ごしていますよ。

検査の試験項目数は100種類近くあり、多種多様に渡ります。検査の技術・技能を全ての検査員に伝承していくことが、今後の目標ですね。