HOME > 取り組み(CSR) > 開発戦略会議

開発戦略会議

このページを印刷

ヒエン電工の開発戦略会議について

ヒエン電工の開発戦略会議

弊社では、社長自らがリーダーとして推進する開発戦略会議を定期的に開催しています。この会議の目的は、意思決定と全員のベクトル(方向性)の統一を迅速に行うことです。即断即決を旨とし、製品開発、技術開発や生産管理のスピードアップを図ります。経営幹部を始めとして、開発・製造・営業が一堂に会して自由で積極的な討論を行い、全員が共通の課題を認識して方向を一つにしつつ、問題点や課題に挑戦し続けています。


プロジェクトチームの結成

当会議からは、テーマに応じたプロジェクトチームが生み出されています。プロジェクトチーム結成までの流れについてご説明します。
まず、顧客ニーズ、他メーカーとの競合や規制、外部を取り巻く環境の変化、シーズ(ヒエン電工が所有している技術・材料・アイデア)の育成などの要因が表出します。
それらを解決するため、ヒエン電工の強み・弱み・機会・脅威などを分析する、いわゆるSWOT分析を行います。その分析結果を開発戦略会議にて発表し、対応戦略策定と必要に応じプロジェクトチームを結成します。こうして、即断・即決、スピードを重視した取り組みが本格的に実施されていきます。

開発戦略会議の流れ・組織・体制図

開発戦略会議の流れ・組織・体制図
ページの先頭へ
  • 個人情報保護方針
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトご利用規定