性能評価試験データ

このページを印刷

被膜追従性能評価試験(疲労試験)

フレッチング+塩水噴霧試験

● 試験目的

スープロストランドはPC鋼より線に樹脂被覆しており、腹圧力による接触損傷による防錆性能の確認が重要であるため、フレッチング+塩水噴霧試験を実施し、防錆性能を確認した。

● 試験方法および条件

フレッチング疲労試験サドル部の試験体に塩水噴霧試験を実施し接触損傷箇所からの錆の発生の有無により防錆性能の確認を行う。

※JIS Z 2371 塩水噴霧試験方法に準拠
※噴霧時間 1000時間

試験方法および条件

試験方法および条件

偏向角度 θ=14°(東7°+西7°)
曲げ半径 3000mm
接触長さ 367mm
曲げ回数 300万回

● フレッチング試験結果

西側サドル

東側サドル


大きな窪み  西側サドル 1

大きな窪み  東側サドル 8


大きな窪み  西側サドル 10

大きな窪み  東側サドル 10


フレッチング試験結果

● 塩水噴霧試験結果

【噴霧試験開始前】
【噴霧試験開始前】

【噴霧試験1000時間後】
【噴霧試験1000時間後】

塩水噴霧試験(1000時間)で、被覆変形箇所に錆の発生は認められなかった。

ヒエンの被覆PC鋼材へのお問合せ
ページの先頭へ
ヘルプメニュー

ヘルプメニューは、今ご覧頂いているページに関連するメニューを表示します。

ヒエンの複合技術
ヒエンの複合技術Index
船舶用電線Index
被覆PC鋼材Index
通信用機材Index
機能性フィルムIndex
FAQ
  • 個人情報保護方針
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトご利用規定