HOME > 会社概要 > 歴史・沿革

歴史・沿革

このページを印刷

昭和29(1954)年 大阪被鉛電線工業株式会社設立
(本社住所:大阪市北区中崎町142番地 資本金:75万円)
昭和30(1955)年 東京支店開設
昭和35(1960)年 ヒエン電工株式会社に商号を変更
福岡支店開設
昭和37(1962)年 住友電気工業株式会社と技術提携
昭和41(1966)年 日本海事協会(NK)認証取得
昭和43(1968)年 イギリス・ロイド(LR)の承認を受け、初回納入
大阪府和泉市に寺田工場を開設
昭和46(1971)年 マーキング(メジャー入り)電線の開発
昭和47(1972)年 被鉛ワイヤーロープの開発
昭和48(1973)年 福知山長田野工業団地にて、長田野工場建設に着手
昭和49(1974)年 福知山の長田野工場第一期工事完成、操業開始
昭和51(1976)年 堺工場の長田野工場への移転完了
昭和59(1984)年 TPM(トータル・プロダクト・メンテナンス)運動を開始
昭和62(1987)年 ノンハロゲン難燃ケーブルを開発、防衛庁認定取得
平成2(1990)年 住友電気工業株式会社の光システム特約代理店に
平成3(1991)年 SUPROストランドを開発(特許出願日:同年10月22日)
平成7(1995)年 ケーブル架線用吊具(スーパーハンガー)を開発
平成12(2000)年 SUPROストランドが国土交通省東北地方整備局に新技術登録
平成13(2001)年 ISO-14001を認証取得(長田野工場)
平成15(2003)年 ISO-9001(2000年版)を認証取得(長田野工場)
HPS(ヒエンプロダクションシステム)開始
平成16(2004)年 ヒエン電工株式会社創立50周年
ISO-14001(2004年版)を認証取得(長田野工場)
平成21(2009)年 ISO-9001(2008年版)を認証取得(長田野工場)
ページの先頭へ
  • プライバシーポリシー
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトご利用にあたって