HOME > 採用情報 > 先輩の声 > 上司と部下シリーズ3(生産本部 開発設計グループ)

先輩の声

このページを印刷

上司と部下シリーズ

生産本部 開発設計グループ

可能性を実感する、機能性フィルムの開発。

小林俊之グループ長 小林:開発設計グループでは、新製品の開発や既存品の用途開発が仕事だけど、今は機能性フィルムの開発がメインテーマだね。市販の何の変哲もないフィルムに、色々な加工を施して付加価値をつけていく。お客様のご要望に、いかに早く的確に応えられるかがポイント。

前川:お客様の状況の変化などで開発の方向が急に変わったり、動きが激しいけれど、新しいことを発見して突き詰めていく開発という仕事は、やっぱりやりがいがありますよね。

小林:機能性フィルムは、通信ケーブルの分野、また電力分野だけでなく、自動車や、電子部品にも活用できるから。家庭用ゲーム機の中にも、ヒエン電工の機能性フィルムが使われていて、可能性の広がりを実感できるよね。


時々は笑いを入れながら、悩まない開発を。

前川 広明 前川:開発設計グループは、メンバー9人の個性や得意分野がそれぞれあって、うまく回っていますよね。

小林:化学工業系でろ過に関する知識が豊富な前川くんと、有機化学系でセメントの塗装関連での経験がある私、そして6人の若手社員。それぞれ抱えている開発テーマは違うけれど、お互いの得意分野を出し合って、いろんな課題も解決できていると思う。でも、今は後輩社員の教育で前川くんも忙しいよね。よくやってくれて、助かっている。

前川:開発って、ヘタをすると一人で悩んでしまって内にこもることもあるけれど、ヒエン電工の開発設計グループは時々笑いが入るので、大丈夫ですね。小林さんがムードメーカーになってくれているからですよ。


勢いのある会社だから、自分も挑戦できる。

前川:ボクはヒエン電工に入社して5年目ですが、自分が良いと思ったことをすぐに実現できるのが、この会社の良さだと感じています。それが自分自身の仕事のやりがいにもつながっているし。ただ、新しいことに挑戦すると、それが本当にいいのかを自分で検証するのが大変なんですけど(笑)。

小林:いつもみんなに言うのが「思ったことは自分が納得するまでやってみよう」ということ。ヒエン電工には、前へ、前へ、という企業風土があるから、勢いがあるんだと思う。前川くんも分析装置がある場所を探してきて、外部にまで分析に行くファイトがあるしね。これからも、もっと色んなことを相談したり、提案してきてほしいな。


ページの先頭へ
ヘルプメニュー

ヘルプメニューは、今ご覧頂いているページに関連するメニューを表示します。

会社概要
会社概要index
取り組み(CSR)
取り組み(CSR)Index
FAQ
勤務地はどこでしょうか?
大阪本社、京都府福知山の長田野工場、東京支社、福岡支社の各拠点です。
転勤・異動はあるのでしょうか?
はい、あります。
独身寮はあるのでしょうか?
はい、あります。
会社説明会は開催されますか?
会社説明会を開催する場合は、当サイトに随時アップいたしますので、ご覧ください。
直接、会社訪問した上で質問したいのですが?
はい、ご来社いただけます。
残業はありますか?
残業量は全体的に少なめですが、必要に応じて発生します。
社員旅行はありますか?
はい、あります。参加者全員での観光だけでなく、各人が楽しめるような様々なプログラムを実施しています。
個人に合わせたキャリアプランは採用されていますか?
まだ万全とはいえませんが、できる限り社員それぞれの能力を活かせるようなプランを考えています。
有給休暇は必要に応じてとれますか?
もちろんとれます。就業から半年が経過していれば大丈夫ですので、所属長まで申請してください。
職場環境について教えてください。
「堅い」商品を扱うメーカーですが、職場環境は明るく和気あいあいとしたムードです。
ヒエン電工を一言で表現すると?
「社員の技術やアイデアを存分に開花させられる会社」です。
金属業界案内サイト Metal Wonder Avenue
  • プライバシーポリシー
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトご利用にあたって