HOME > 製品・サービス > 被覆PC鋼材 > 性能評価試験データ

性能評価試験データ

このページを印刷

「ヒエン」は、スープロストランドが誇る物理的、化学的性能を、広い範囲に渡り、継続的に試験評価しています。ここでは、代表的な試験評価結果を掲載していますが、第3者評価を含む試験評価を、他にも数々実施していますので、ご質問、ご要望があれば、ご遠慮なくお問合せください。

スープロストランド 各種試験リスト

試験名 目的 試験内容 試験基準
錆促進試験 塩水噴霧試験 塩水に対する防食性能を確認するため、塩水噴霧試験によりスープロストランドの防錆性能を確認する。 被覆樹脂を一部分除去し、PC鋼材を露出させた状態にて試験を行い、露出部分よりの錆の進行についても確認する。 JIS Z 2371 塩水噴霧試験に準拠
乾湿繰返し試験 塩水のスプラッシュゾーンに相当する厳しい環境下を想定して、乾湿を繰り返し、スープロストランドの防錆性能を確認する。 塩水浸漬、乾燥を繰返し、防錆度を確認する。 ASTM D 1141-90試験方法に準拠
水密試験 PC鋼より線の空隙について、内部樹脂充填状況の確認を行う。 試験体に対し、一定水圧を規定時間にかけ、試験体先端より漏水の有無を調べる。 NDS F 8701F (防衛庁規格) 水密試験に準拠
耐薬品性試験 アルカリ浸漬試験 コンクリート内においてアルカリによる影響度を確認する。 被覆樹脂のアルカリ浸漬による影響度を調べる。
磨耗試験 コンクリートとの磨耗により、被覆部分が損傷することが考えられるため、磨耗性能を確認する。 試験体を回転磨耗体に触れさせ、磨耗度を視認する。 JIS C 3005 磨耗試験に準拠
曲げ試験 ケーブル施工時の曲げによる被覆への影響を確認する。 ケーブルを直径の32倍以下で曲げ、ピンホールテスターを使用し被覆に損傷が無いかを確認する。 ASTM A 882 曲げ試験に準拠
疲労および被膜追従性試験 フレッチング試験 ケーブル偏向部分では、長時間に渡り、腹圧力を受けるため、PC鋼より線にフレッチング疲労が発生するため、防錆性能を確認する。 300万回繰返し載荷試験と塩水噴霧試験により防錆性能を確認する
ヒエンの被覆PC鋼材へのお問合せ
ページの先頭へ
  • プライバシーポリシー
  • 個人情報の取り扱いについて
  • サイトご利用にあたって